うつ病

心療内科の初診までは早くて1か月待ち?

いつも心療内科の外来で気になることがあります。

とても具合が悪そうな人が初診でいきなり予約なしでやってきて、

今日は無理です、予約制ですので…と言われているときです。

予約が取れるのは1か月後くらいです。

辛くてフラフラでやっとの思いで初めての心療内科の受付までたどり着いたのに断られて帰っていく患者さんたちを見ていると本当に辛いです。

私などは早い時は1~2分くらいで診察が終わってしまいます。

なんとかならないのかといつも思いながら、そういう光景を見ています。

この記事はこんな人に向けて書いています。

心療内科に行こうか迷っている人

心療内科に行くと決めたけど電話をするのを迷っている人

電話をするのが苦手でなかなか電話できないでいる人

心療内科に連れていこうとしている人のご家族のかた

心療内科の初診までには1か月近くかかることが多い

心療内科に行ってみようとやっと決意して、ものすごく勇気を出して電話をすると、

予約が取れるのは1か月後です、と受付のお姉さんにあっさり言われてしまいます。

こちらは藁にもすがる思いで電話しているのに…

電話もやっとの思いでしたのに…

ものすごく具合が悪いのに…

精神的に追い詰められているのに…

1か月って何?

それまでどうしたらいいの?

と思いますよね。

でもそれが現実なんです。診察の枠は再診の患者さんでいっぱいです。

1~4週間後の同じ曜日の同じ時間というように再診のサイクルはだいたい決まっていて、

同じ人で埋まっていくので、初診の人は待つことになります。

あきらめずに待とう

1か月…どうしよう、もう1日でも待てないのに…苦しくてたまらないのに…と思うと思いますが、もう待つしかないです。

もしくは電話をかけまくって、もう少し早く診察が受けれるところを探すか。

でもそんなパワーもないですよね。あればトライしてみてもいいと思います。

よくないのはそんなに待てない、心療内科なんてやっぱりだめなんだ…と思ってあきらめてしまうこと。

辛かったらできるだけ寝逃げ(眠って過ごす)しましょう。

1日1日大変ですが、そのうち初診日は必ずきます。

辛いですが待ちましょう。

不思議と初診が終われば自由に再診の予約は取れます。

おそらく初診には時間がかかるからだと思います。

医師、薬、カウンセラーがすべてを解決してくれるわけではない

医師は初診のときは長く診てくれるが再診からは診察は5~10分くらい

医師が丁寧に長く診てくれるのは初診の時だけです!30分~1時間弱くらい)

再診では、最近どうですか?食欲は?眠れてる?じゃあ次回の予約は…というような感じで特に何かなければ診察は5分以内で終わります。

薬について相談があるときは5~10分くらいでしょうか。本当に薬の話くらいです。

私だけかもしれませんが、よくなったね、とかもう減薬しようか、とか言われたことがありません。

(減薬については自分から言って失敗したことがあります。)

現在の私の主治医の印象

薬の話しかしない医師でも長く付き合えばいい感じになってきます。

こっちを見もしないけど、実は優しそうないい人かも…信頼できるかも…みたいな感じです。

何年も付き合ってると年を取って、顔が優しく変わってきているだけなのかもしれないですけど(;´∀`)

最初はパソコンしか見ていないので、アンドロイドかと思いました。

何かあれば話してみればいいのです。その場で忘れそうならメモを持って。

物事のとらえかたの転換法を教えてくれるかもしれません。

意外とそんなものかと思うこともありました。

自立支援の制度上、ひとつの医院、薬局しか通えないので、ほかを見つけるのも面倒だったし、一人の先生に長く診てもらったほうがいいだろうという考えもあって、同じ医師にずっと診てもらっています。

じっくり話ができるのはカウンセラー

クリニックに臨床心理士が常駐していて、保険適用でカウンセリングを受けられるところがあります。

私は偶然、そういう病院やクリニックにしか当たったことがなく、お金もないので自由診療でカウンセリングを受けたことはありません。

それでも特にカウンセリングに不満を感じたことはありません。

医師に希望を伝えればおそらくどの患者でもカウンセリングを受けることができます。

1回50分くらいです。週に1回とか、2週に1回とか好きなペースで受けることができます。

じっくりどっぷり自分の病み(闇?)の話をする人もいると思いますが、私の場合、世間話の延長みたいな感じのことが多かったです。

カウンセラーとの信頼関係や相性にも寄りますが、合えば楽しい?と思います。

悩みがすべて解決するというわけではなく、こころが少し軽くなるといった感じでしょうか。

患者の病気の状態によってはもっと積極的なアプローチがあるのかもしれませんが、私の場合はそのような感じでした。

何かありますかと聞かれて、悩みの続きを話したり、読んでおもしろかった本の話をしたりして時間はあっという間に過ぎて、じゃあ次回の予約は…で話は終わります。

何かが劇的に解決するとか、そういったことはありません。

自分を生きるのはあくまで自分自身なのです。

私が受けたカウンセリングの経験談

カウンセリングは現在は受けていませんが、8年くらい受けた経験があります。

1人目は6年くらい、10才くらい年上の男性のカウンセラーでした。悩みを聞いてもらったり、好きな本の話をしたりしました。

最初の頃は箱庭療法を少しやったこともありました。そのころはまだ何かしようとしてお互い初々しかったのだと思います。

いつも楽しかったです。

僕のカウンセリングは同行二人、絆創膏のようなものとおっしゃっていました。

でもスクールカウンセラーになる夢を叶えるために、その病院のカウンセラーを突然辞めていきました。

その後新人のカウンセラーがきたのですが、カウンセリングを録音しようとしたのを見て、ちょっとなぁと思ってやめました。

 

結婚して転居後、新しい環境に適応できず、また心療内科にかかることにしました。

そこでも臨床心理士が常駐していて保険適応で受けられると聞いて、受けることにしました。

今度は若い女性のカウンセラーでした。

若くても1人目のカウンセラーと同じく、どこか毅然とした態度で物腰が柔らかく知的な人でした。

私のくだらない悩みを受け止めてくれました。娘が生まれてからは、一緒に連れて行ってミルクを作らせてもらったこともありました。

何かが解決したわけではありませんが、引きこもりがちな毎日から抜け出して、心理室に行けば慣れない土地でも自然に話ができる人がいるという安心感がありました。

主人の転勤が決まるまで、カウンセリングは続けました。

まとめ

心療内科の初診までは長いけど、なんとか乗り切りましょうという記事でした。

心療内科に電話をかけようか迷っている人は早くかけたほうがいいです。もし気が変わっても先の話ですから、いくらでもキャンセルはできます。

勇気を出して、早く電話をしましょう。受付は一般の外来と同じです。怖くはありません。

再診からはネット予約・変更できるクリニックも多いです。

長い待ち時間を乗り切った先にある心療内科の世界は、行ったからといってすべてが劇的にすっきり解決するところではないということも合わせてお伝えしました。

薬を処方できるのは医師だけです。薬を飲むことによってずいぶん楽になるかもしれません。薬が合わない場合は、すぐに医師に相談しましょう。

医師に薬の話以外にももし言いたいことがあったらメモをしていって、手短に伝えてみましょう。何か助言してくれることもあります。そういう話をしにくそうな空気を出している医師も多いと思いますが、少しなら大丈夫です。不信感を持たないほうがいいです。

カウンセラーは限られた時間ですが、どんな話でも受け止めてくれます。かといって、そのことがすべてすっきり解決するわけではありません。解決してくれるわけでもありません。

安心感を得たいと思ったら、カウンセリングを受けてみてもいいと思います。聞きたいことがあったら医師に比べれば時間がありますから、何でも聞いてみましょう。

 

本当に初診までの間は辛いと思いますが、初診までたどり着けば再診からはスムーズにことが進みます。

長く待っても行く価値はあります。

なんとか乗り切って初診にたどり着いてくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ABOUT ME
ふかふか
はじめまして、ふかふかです。 いつも体調不良&高齢育児ママです。 よろしくお願いいたします^^ *当ブログですが現在、試行錯誤中で見づらい部分があるかと思います。大変申し訳ありません。少しずつよくしてまいりますので、よろしくお願いいたしますm(__)m