脱毛

脱毛サロンは薬を服用中は施術できない?無料カウンセリングをキャンセルした理由とは

ポストによく入っているミュゼのチラシ。

いつも見てるだけで申し込まなかったのですが、あのキャンペーン(ワキ・Vライン美容脱毛完了コース)が終了すると知り、思い切って申し込んでしまいました。

いい年してすみません。現在専業主婦なのでお金がありません。100円でワキ・Vライン通い放題のうちに登録しておきたいなあと思いました。

そんな私が無料カウンセリングをキャンセルした理由とは…。

健康な人でないと施術を受けられないらしい

カウンセリング予定日が近づいてきたころ、こんなメールがきました。

 

 

ふむふむ、子連れはダメか…

健康状態?

素直にQ&Aを見てみました。

 

 

「当日のお薬の服用」とあります。ああ、やばいです。

チャットができるとあったので質問してみました。

 

 

ああ…そんな大事(おおごと)なんですね。

現在通院しているのは精神科、婦人科、内科の3つのクリニックです。

あと皮膚科でもらったステロイドを脛(すね)や腰の湿疹がひどい時に塗ることがあります。

以前はひどかったのですが現在はそれほどひどくなく、薬を塗らなくても保湿をすればかゆみはおさまることが多いです。炎症は完全になくなってはいません。

医師は全員、男性です。

皮膚科は現在は行っていません。

皮膚科は言いやすいので男性でも女性でも問題ありません。

婦人科ではあまりお客さんはいなさそうなのですが、医療脱毛もやっています汗

皮膚科以外はなんとなく、かなり言いにくいです。

私が恥ずかしいとか、婦人科は気を遣うとか、医師にしたら意味のないことです。

それにしても、こんなハードルがあったとは。

考えが甘かったです。

しかも医師・薬剤師の許可をもらってもダメな時もあるという…。

さらっと書いてあるけど、けっこう大変です。

そんなわけでとりあえず無料カウンセリングをキャンセルしました。

薬を飲んでいる人はどうしてるの?

かかりつけの医師に聞いて許可を得る

やっぱりそれが一番ですよね。

間違いないです。

Q&Aサイトで聞く

webのQ&Aサイトで聞いている人もいました。

とはいえその回答には何の保証もないですし、信じて施術を受けて何かあったとしても自己責任ですよね。

服薬していることは内緒にして施術を受ける

脱毛サロンには話さずに施術を受けている人もいました。

それも怖いですね。

これは完全に自己責任です。

サロン側から提示される条件とは(脱毛前)

服用している薬、体調、肌の状態がそれぞれ違いますので、詳細はみなさんが直接サロンに問い合わせて確認してください。

ここではいくつかのサロンの例をざっくりとまとめてみました。

医師の同意書が必要なサロンがある(同意書があれば服用中でも施術可能)

これ、たぶん大事(おおごと)です。

いままでいろいろ見てきましたが医師は嫌がりそうです。

皮膚科はともかく、他の科はどうでしょう。

書面など残したくない医師がほとんどでは。

適当な紙に一筆書いてもらうのは可能かもしれませんが、先生と少しぎくしゃくするかもしれませんね。

薬を服用してはいけない期間が決められている

・脱毛当日、薬を服用していない

・脱毛前1週間のあいだに処方薬を服用していない

・脱毛前3日間のあいだに市販薬を服用していない

予防接種を受けてはいけない期間が決められている

・脱毛前10日間のあいだに予防接種を受けていない

服薬を中止しない限り施術は受けられない

光感受性を高める薬を内服していない

これは光線過敏症が発生するのを防ぐためだそうです。

光線過敏症とは

光線過敏症は太陽光にさらされた皮膚に赤みや炎症、かゆみを伴う皮疹(発疹)ができるのが特徴です。太陽光によって引き起こされる免疫システムの反応で、日光アレルギーとも呼ばれます。ある種の薬や化学物質を服用または皮膚に塗った後、光を浴びて発症する場合があります。こうした化学物質には、皮膚を紫外線に対して過敏にする作用があります。また、これらの反応は遺伝する傾向があるとされています。また、薬剤が光線過敏症の原因になる場合があり、内服薬、外用薬を問わず多くのものが知られています。光線過敏症を起こしやすい薬剤は、時代とともに変化し、近年では抗生物質、非ステロイド性消炎鎮痛薬など多くの報告があります。

出展元:光線過敏症 今月の健康情報 セルフメディケーション・ネット-NPO法人セルフメディケーション推進委員会(SMAC)

例えば私の場合ですと、抗うつ薬、抗不安薬が該当しそうです。

上記のサイトには薬品名も書いてあって、私が飲んでいる薬ではないですが、やはり医師に確認してもらわないといけないですね。

塗り薬を塗っていない

具体的に何の薬か記載がないのですが、ステロイド剤は確実に不可です。

ステロイド剤を塗っていると以下の影響があるそうです。

・免疫力が下がっているため、感染症になりやすい

・光を吸収しやすいため、やけど、色素沈着を起こしやすい

・塗っていることで多毛化することがあり、脱毛の効果が出にくいことがある

ステロイド剤を内服している場合はもっと深刻な影響がでそうです。

私はこれ(塗り薬のほう)にも該当します。

ピルを服用している場合

・医師の確認が必要

・医師の同意書が必要

・低用量なら可能

ピルはさすがに縁がありませんが、ホルモン補充療法をしている私のようなおばちゃんは大丈夫なのでしょうか。ちょっと心配です。

まとめ

いろいろと話が難しくなってきました。

脱毛サロンは価格が手ごろでいいのですが、私のように薬を常用している人や、肌トラブルがある人は医療脱毛のほうが安心・安全ですね。

それでも価格重視とか、光線過敏症の原因になりそうな薬を明らかに服用していない、また医師もOKを出した場合は脱毛サロンを利用するのもありかと思います。

私はツッコミどころ満載なので、医療脱毛かなあ。

特に脱毛サロンは前途多難なことはわかりました。

あまりお金のない病人に優しい脱毛クリニックを探してみようと思います。

【参考にさせていただいたサイト】

脱毛前後に薬の服用はオススメできない3つの理由と対処法 脱毛ドック

脱毛エステに通っている間薬を飲むのはNG?人気3店舗に電話しました! 脱毛エステ部

ステロイド剤と脱毛の関係が知りたい! 脱毛クリップ

ABOUT ME
ふかふか
はじめまして、ふかふかです。 いつも体調不良&高齢育児ママです。 よろしくお願いいたします^^ *当ブログですが現在、試行錯誤中で見づらい部分があるかと思います。大変申し訳ありません。少しずつよくしてまいりますので、よろしくお願いいたしますm(__)m